2012年07月16日

都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果と飲料水汚染との関連

都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果によれば、
 大気中に拡散している放射性物質が雨と一緒に地上に落下したためとみられる値の上昇が観測されましたが、健康への影響はありません。
採取及び測定場所:東京都健康安全研究センター(東京都新宿区百人町)
○ 毎日24時間、採取装置により採取し、ゲルマニウム半導体核種分析装置を用いて分析しています。
○ 降雨の場合は、数値が上がることがあります。○ 測定データの表示桁数を国にあわせて2桁としました。
○ ND(不検出)の考え方については、こちらのページをご覧ください。
○ 単位はBq/m2(ベクレルパー平方メートル)。MBq/km2(メガベクレルパー平方キロメートル)と同じ。

詳しくは

結果の概要
1.都内の降下物(塵や雨)
採取日2011/03/18 9:00 - 2011/03/19 9:00
   ~2012/07/12 9:00 - 2012/07/13 9:00

対象放射性ヨウ素131 (131I)Bq/m2
放射性セシウム セシウム134(134Cs)Bq/m2
セシウム137(137Cs)Bq/m2
2011/05/14 9:00 - 2011/05/15 9:00
ヨウ素131  ND(不検出)セシウム134 7.3 セシウム137 10 以降は
ND分析検出限界
であった。
 事故後の約2ヶ月に検出可能な状態であった。貴重なデータであります。
以下、事故後の約2ヶ月の検出結果を抽出しました。
        ヨウ素131  セシウム134 セシウム137 2011/04/30 ND(不検出) 6.6       9.5
2011/04/29 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
2011/04/28 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
2011/04/27 ND(不検出) ND(不検出)  39   雨
2011/04/26 ND(不検出) 5.4       6.6
2011/04/25 ND(不検出) ND(不検出)  5.5  雨
2011/04/24 ND(不検出) 5.0       5.4
2011/04/23 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出) 雨
2011/04/22 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出) 雨
2011/04/21 ND(不検出) 4.2       5.8
2011/04/20  20      19        21    雨
2011/04/19 ND(不検出) 26        30   雨
2011/04/18 56      ND(不検出)  ND(不検出) 雨
2011/04/17 ND(不検出) 13        15
2011/04/16 ND(不検出) 4.3       6.3
2011/04/15 ND(不検出) 5.1       4.8
2011/04/14 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
2011/04/13 ND(不検出) ND(不検出) ND(不検出)
2011/04/12 ND(不検出) ND(不検出)  4.0
2011/04/11 100      160       170   雨
2011/04/10 3.0      4.1        5.2
2011/04/09 19       4.5       7.9   雨
2011/04/08 8.9     10        12
2011/04/07 5.3      ND(不検出) ND(不検出)
2011/04/06 6.2      9.9        10
2011/04/05 8.2      7.0        5.6
2011/04/04 17      5.2        5.9
2011/04/03 20      18        18
2011/04/02 ND(不検出) 4.0       8.0
2011/04/01 ND(不検出) 9.1       15
2011/03/31 38     19         26
2011/03/30 50      66         68
2011/03/29 21      ND(不検出)   5.4
2011/03/28 37      10         18
2011/03/27 46      ND(不検出)   5.5
2011/03/26 100      31         36
2011/03/25 220      13         12
2011/03/24 170      34         37
2011/03/23 13000    130        160   雨
2011/03/22 36000    330        330   雨
2011/03/21 32000    5300       5300   雨
2011/03/20 2900     550        560   雨
比較のために、
参考:全国の放射能濃度一覧http://atmc.jp
文科省が公表している情報を元に日本全国の定時降下物(雨・ちり)
の放射能値をグラフ化しています。

・ 水道の放射能濃度一覧
・ 雨の放射能濃度一覧との対比
が必要と思われる。
埼玉県(さいたま市)の引用値では約 2.6Bq/m2 が検出された。
-     6/26 6/27 6/28 6/29 6/30
ヨウ素131 0 0 0 0 0
セシウム134 0 2.6 0 0 0
セシウム137 0 2.5 0 0 0

東京都新宿ではND

⇒上記の結果で放射能がその日によって検出されたり、されなかったり
不安定なばらつきのある結果であるが
、個人的には原因は不詳。
海水の放射能汚染の莫大さ、マイクロスポット地域など散見されているが、
首都圏の大気中の放射能は現状安定しているようです。

一時、問題があった水道水の汚染との対応がどのようであったのか
気になったので以下再記載してみました。

2.水道水Bq/kg の浄水場の汚染
第19報
金町浄水場の浄水(水道水)の放射能測定結果等について
平成23年3月24日

水道局
福祉保健局

1 測定結果
 測定機関:地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 
 採水日時:3月24日6時
単位:Bq/キログラム(ベクレル/キログラム)
採水場所  金町浄水場 79
放射性ヨウ素(ヨウ素131)
食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値 100
原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する指標値 300

上記の塵や雨は一種の「エアロゾル」でありますが、
参考情報:水徒然2エアロゾルに係る投稿 に記載した
放射能など有害エアロゾルの形状)によれば、
「・・・水道水、茶、乳製品*などから放射性セシウムに起因すると言われる放射線強度200ベクレルとはどのような化合物微粒子のエアロゾルに付着したセシウムなどの水溶性放射能が水中に混入して、イオン化・溶解した結果であるのでしょうか? 
 セシウムは陽イオン(+)ですから、陰(-)性のシリカ(黄砂など)に吸着していると推察されますが、・・・」

震災~3月24日検出
今後、数Bq/m2 未満の放射能の実態およびヨウ素以外の放射性元素の有無、実態、単位換算Bq/m2 →Bq/kg
電子顕微鏡写真、実質的な重量比率ppt表示などについて
公開されれば安心できると思われる。
別報に記載したように、現状、海に大部分漏洩、特に海底沈殿していると
思われますが、
放射能の地下への浸透も伝えれています。
金町浄水場での処理の優秀さが覗えます。

参考情報:
地殻表面の放射能の地下への移動

Oisix(おいしっくす)
posted by tetsu3737 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。