2013年07月14日

福島 農業用水に放射能汚染水を垂れ流しという。

'13-07-14投稿
47ニュース
【農業用水に汚染水340トン】下請けの忠告に耳貸さず 
 現場映像の削除強要も

http://www.47news.jp/47topics/e/243408.php
「「汚染水を側溝に流したら、農業用水に全部入ってしまう」。福島県南相馬市での除染事業の下請けに入っていた水処理業者は2012年1月16日、慎重な排水を要請したが、日本国土開発は耳を貸さず、逆に処理業者が撮影した現場映像の削除を強要した。
 この処理業者はNPO法人「再生舎」(さいたま市)のグループ会社。同月12日に、担当区域だった福島県南相馬市の立ち入り禁止区域にある金房小学校に入った。住民不在の現場で目の当たりにしたのは、汚染水が処理プラントに運ばれず、側溝に次々と流されていく光景だった。

 小学校近くの宅地では、住宅塀の洗浄作業で出た汚染水が、通学路の砂利道に垂れ流しになっていた。作業員の一人が証拠を残そうと急いでカメラを回した。

 国土開発の現場監督が、撮影に気付いたのは15日。「国の実証事業だ。写真は全て消去しろ。できないなら帰ってよい」と迫り、データの一部を削除させた。

 国土開発と処理業者は翌16日、現場事務所で農業用水の問題などをめぐって協議。録音記録によると、現場監督は「これから(除染を)やろうというときに、ちくろうとする(密告しようとする)とは」と激怒。処理業者が、汚染水の排水をとがめると「次の本格(除染)で全部やる」と強調、再除染を理由に排水は続行された。(共同通信)2013/07/12 18:56」という。

⇒東京電力福島第1原発の海側井戸で、高濃度の放射性物質を含んだ「汚染水」が検出されているというように、東電、そして国や政治家は知識がないのか、あるいは今でも隠蔽しようとしているのだろうか?

これでは、瓦礫焼却同様、放射能の拡散の「いたちごっこ」ですね。税金の無駄遣い。
一向に改善傾向が見られない現状は・・・・・・を物語っているのだろうか?
posted by tetsu3737 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料水関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。