2014年03月11日

中国での水不足と水汚染が酷いという。

最近の中国では空気汚染のみならず、水不足と水汚染が酷いという。
この原因について、別報で調べましたが、
参考情報:空気汚染より深刻な中国の“水”問題の現状とその対策に係る情報の紹介     2014-02-28 の引例

WEDGE Infinity 2014年02月18日(Tue)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3518

空気汚染より深刻な中国の“水”問題によると、
中国水利部が13年3月に発表した統計によると、中国では毎年約500億立方メートルの水が不足している。
 水資源量はざっと世界平均の3分の1程度だが、それに増して悩ましいのが、農地が集中する北部で水のひっ迫が顕著だということだ。北部地域において重要な水源と考えられている4本の河(黄河、淮河、海河、遼河)の水量は、この数年で約17%も失われてしまっているという。

河川から地下水へ 広がる水質汚染
そのことを象徴していると考えられているのが、いま中国全土に広がる水質汚染の問題である。
中国の深刻な水質汚染は、表面を流れる河川から土壌に広がり、
ついには地下水の汚染にまで広がってきているという。

いまだ汚染されていない地下水は全体のわずか55.87%でしかなく、44.13%の地下水はすでに何らかの汚染の影響があることも判明したという。

これ以上、大気汚染、地下水汚染などによって、環境水が汚染されれば、当然、世界各国の飲料水、農作物、魚介類にも影響を及ぼすので、注意が必要と思われます。

ちなみに、海水から真水を作ることが考えられますが、
そのためには、大量のエネルギーを使うのでコスト的に引き合わないことが
問われています。

「きれいな水」によれば、
引用:http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/ea/water.html

 海外では海水から真水が生産されているところがあります。
海水は河川や湖沼の水と異なって約3.5%もの塩類(大部分はNaCl)を含んでいるため脱塩操作が必要になります。
 この脱塩には 1.蒸留法 2.逆浸透法 3.電気透析法(イオン交換膜法) 4.イオン交換樹脂塔式法 等があります。・・・(詳しくは本文参照)

 わが国の3.11による原発から漏洩した放射能の浄化と同様、
前途多難と想われますが、今後の浄化に期待しています。






posted by tetsu3737 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。