2014年04月23日

深海生物の捕獲、打ち上げの原因は海水温度の変化のみでなく、水の汚染による可能性はないだろうか?

'14-03-16投稿、04-19追加・修正 04-23追加・修正
 またまた、高知県・室戸岬沖の定置網に22日、生態がほとんど分かっていない深海魚「ホテイエソ」が105匹入り込んでいるのが見つかったという。
参考記事:日本経済新聞
室戸岬沖、網に深海魚105匹 専門家「海に異変か」
2014/4/22 16:08
「高知県・室戸岬沖の定置網に22日、生態がほとんど分かっていない深海魚「ホテイエソ」が105匹入り込んでいるのが見つかり、うち1匹は生きた状態で捕獲された。21日にも9匹見つかったばかりで、専門家は「海に何らかの異変があったのでは」と指摘する。

 付近の海洋生物の生態を調べているNPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪)によると、網は地元漁師が沖合約2キロ、深さ約70メートル付近に仕掛けた。体長は10~25センチくらい。生きている1匹は協議会が保管しているが、だいぶ弱っているという。

 深海魚に関する著作がある北海道大学の尼岡邦夫名誉教授(魚類学)は「深海魚は波の動きや水温の変化に敏感。生息域に何らかの異変があり、異常な動きをしたのかもしれない」と話した。

 ホテイエソは黒い体に鋭い歯を見せて笑ったような顔が特徴的。下顎のひげの先には発光器が付いている。〔共同〕 
関連記事:
 東京湾でもダイオウイカ捕獲 横須賀沖、全長3.6メートル (2014/3/31 23:49)
リュウグウノツカイ…巨大深海魚、浮上の謎 (2014/2/26 13:31)
ダイオウイカ発見相次ぐ 日本海沿岸、水温低下が影響か (2014/2/13 10:12) 」という。

下記の記事では日本海沿岸での捕獲、打ち上げが多いですが、今回は太平洋岸で発生したようです。

 最近、山口県萩市でサケガシラ、長門市でリュウグウノツカイ、
新潟県佐渡市、青森県むつ市でカグラザメ兵庫県の日本海側にある新温泉町でダイオウイカなど普段、深海に生息している海洋生物が日本海沿岸で捕獲されたり、打ち上げられたりしています。
 この原因は山口県水産研究センター(長門市)は「深海魚が立て続けに見つかるのは珍しい。
深海の水温変化が影響しているのでは」としているという。
 参考記事:MSN産経ニュース
sankei.jp.msn.com/science/news/140307/scn14030720090002-n1.htm

 最近でも
YAHOOニュース
生態が謎とされている「ユウレイイカ」を捕獲 新潟・佐渡市http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140417-00000900-fnn-loc_all
「新潟・佐渡市で、深海に生息し生態が謎とされている「ユウレイイカ」が、生きたまま、水揚げされた。
ユウレイイカは17日朝、佐渡市の沖合いおよそ1.5km、水深60メートルの海域に仕掛けられた定置網に、小魚に混ざってかかっているのが見つかり、佐渡市の「尖閣湾揚島水族館」に運び込まれた。
また佐渡市では、沖に仕掛けた定置網で、南方系の魚「ツルギエチオピア」も水揚げされた。
体長は、およそ50cmで、黒っぽい体に目が鏡のように光っている。
日本海での発見は、とても珍しいという。最終更新:4月18日(金)15時5分」という。


 別報にて記載しましたが、個人的には、潮流の激しい太平洋側と比べて、
穏やかな日本海では海水温度の影響を受け易いのと同様に、
海洋の汚染も影響しているのでは?と想っていますが、
1)海底の酸性化(二酸化硫黄(SO2),硫化水素(H2S),塩化水素(HCl)などのガスが海底で発生)、2)環境放射能の励起・崩壊(→海中微生物の損壊、局所の海水温度の上昇)、3)オゾン(O3)による酸化(地殻の振動・摩擦によって発生)、4)メタンの発生(海底に生息する微生物(古生菌など)の異常繁殖)、5)地電流の変化(地磁気の変動に伴う電磁誘導)、6)磁気の反転(海底火山活動)による“強い電磁波”なども水中生物の異状行動に繋がるのでは?と妄想しています。
参考情報:
山口沖でリュウグウノツカイにサケガシラ、深海魚が相次いで打ち上げられたという。 2014-03-10

 水の汚染といえば、上記に加えて、
MSN産経ニュース
「英国、沿岸の魚の36%にプラスティック片発見」によれば、
2013.1.2413:45
英国プリマス沖で採取された魚のサンプルの36.5%から、
プラスティック片が発見された。
大部分は衣服や生理用品に使用されている合成繊維、レーヨンだ。
プラスティックと一緒に汚染物質が蓄積される可能性もあるという
ことも要因のひとつとして考慮する必要があるのだろうか?

 また、最近得た情報として、地球温暖化対策として、近年、大気圏において、聞きなれない言葉ですが、
 人工気象操作の一種と想われるジオ・エンジニアリング(Geo-Engineering)が導入されているというが、水の汚染に対する副作用でもあるのでは?と杞憂しています。

ジオ・エンジニアリング(Geo-Engineering)による地球温暖化の防止によれば、
http://www.originalest.com/news.php?id=00075
「・・・ジオ・エンジニアリングとは、地球環境の意図的な操作である(1)。ジオ・エンジニアリングの具体的な例をいくつか挙げると、大気にSO2を注入することで、アルベドを高めることが可能である。これは、火山が噴火したことと同様の効果を持つのである。過去に大規模な火山の噴火が起こった時は、同じ効果によって気温が下がっている。・・・
 CCS(カーボン・キャプチャー・アンド・ストレージ)や海洋に鉄を散布し、植物プランクトンを増加させるような対策は、既に行われている。さらに、CCSをCDM(クリーン開発メカニズム)として認めるかどうかも議論されている。・・・

このような動きには、反対もある。CCSには漏れの問題や、海洋での生物多様性保全の問題が指摘されているし、ラブロックの提案には早速反論がされている(3)。また、大気中のSO2注入には旱魃との関係や(4)、海洋酸性化の問題の解決にはならないという指摘されている。・・・」
という。


 また、兎に角、日本海側は水の汚染の影響を受け易いのではと想われます。
現在、石鹸、スクラブ洗顔料、シャワージェルなどの化粧品や洗浄用品から、
マイクロプラスティックを除去するという取り組みが進んでいるという。
海水の酸性化、重金属汚染、放射能汚染など以前から心配していましたが、魚にプラスチック片が発見されることはよく考えてみればありえますが、マイクロプラスチックには特定化学物質DDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)といった毒性の高い物質を引き寄せる性質があるというとは!

 また、石鹸、スクラブ洗顔料、シャワージェルなどの化粧品や洗浄用品から、
マイクロプラスティックを除去するという取り組みが進んでいるという
この種のマイクロプラスチックとは?
サブミクロンレベルの界面活性剤、ラテックスなどの類なのだろうか??

この種のものでアニオン(-)、カチオン(+)性の場合は電荷が異なる
プラスチック片にも電荷的に吸着し易いと想われます。

いずれにしても、プラスチック、プラスチックの破片、マイクロプラスチック、SO2などよる
海の汚染は物理的な影響と有害物質による化学的な影響があるようです。

参考情報:
「水」とはどのようにあるべきか?に係る記載
(その2:マイクロプラスチックによる海水汚染は進んでいる)

サントリーウエルネスオンライン

posted by tetsu3737 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。