2013年06月29日

中国の河川、湖沼の着色は激しいという。

'13-06-29投稿
既報「着色した水と汚染との関係について(青色、赤色、白色)」にて記載したように、環境水はさまざまな原因によって着色します。
「・・・水という色を含む熟語(色水)」として、
一般的に波長順で青水、碧水、緑水、黄水、赤水、
および黒水、白水、・・・があるようです。
 
 話が少し逸れますが、
これらは、科学的には「蒸留水」
もしくは電子産業、化学工業に使われている「超純水」に
水(H2O)の何らかの不純物が溶解、ゾル状に分散しているために、太陽光の反射・吸収・散乱・屈折によって発色しています。
 個人的には、太陽光スペクトル中の紫外線、
現在問題となっている環境中の放射能からの誘導放射線によって
水中の汚染物質を励起させて発光していることもあるのかとも考えています。

 今回は環境中の水の汚染が激しい中国における着色した水に係る記載を調べました。
もう手遅れ?!中国「水問題」【水汚染】
NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133516598913908501
(一部割愛しました。)
「中国の川はすでに七色に染められている―国家環境保護局の幹部はこう発言し、水汚染の深刻さを認めた。一方、専門家は汚染された河川の水質はすでに改善不能の状態に達したと指摘する。

「南方の川はすべて汚染されている。北方の川はすべて枯渇している」という言葉は水汚染の現状をリアルに反映していると話し、汚染で様々な色をする河が現れているという。昨年、河南省洛陽市内を流れる川は違法操業の染物工場が垂れ流した赤い染料で真っ赤に染められ、「血の川」となったことが報じられ、話題を呼んだ。」という。
既報の記載した着色原因を再掲します。
日常生活において、水に色が着いているのは、
オレンジジュース、グレープジュース、パインジュースなど
健康飲料水、野菜ジュースなど一般的ですが、
自然環境で水に色が着いていることがあります。

 今回は何らかの原因によって水が汚染した時の
着色現象について着目しました。

「・・・水という色を含む熟語(色水)」として、
一般的に波長順で青水、碧水、緑水、黄水、赤水、
および黒水、白水、・・・があるようです。
生活環境において、諸悪に繋がる着色とその成因として
以下に色ごとに、断片的ながら記載しました。
1)青水、赤水の例(青潮と赤潮)
YAHOO知恵袋によれば
「・・・赤潮は、プランクトンの大量発生です。
青潮は、プランクトンの大量死による水の腐敗です。
水の富栄養化によって、プランクトンが増え続けた場合に
赤潮になります。赤くない赤潮もあいます。
水の富栄養化によって、プランクトンが増えて大量死して、
バクテリアが分解し酸素を消費して酸欠になり、菌が増えて、
硫黄酸化物が大量発生して海が青くなる、これが青潮です。」
引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/
qa/question_detail/q1125337446?fr=diff_chie_detail
2)白色の例
ウィキペディア(Wikipedia)によれば
 青色のみならず、白水にも見えるとの記載もあります。
「・・・東京湾などでは浚渫工事に伴う土砂の採集跡が海底に窪地として残されており、ここに溜まった水塊は貧酸素環境が保たれる。貧酸素水塊中では嫌気性細菌が優占する。嫌気性細菌の一種である硫酸還元菌(→極限環境微生物)が大量の硫化水素を発生させる。この硫化水素を大量に含んだ水塊が上昇すると、表層付近の酸素によって硫化水素が酸化され、硫黄或いは硫黄酸化物の微粒子が生成される。微粒子はコロイドとして海水中に漂い、太陽光を反射して海水を乳青色や乳白色に変色させる。多くの場合、青潮は未酸化の硫化水素による独特の腐卵臭を伴う。・・・」
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%BD%AE
3)緑色の例(大量藻) 
・昨夏の中国青島の大量藻の発生
日テレニュース24 < 2011年7月22日 20:51 >
中国の海水浴場で藻が大量発生
「・・・地元の人の話では、海水温の上昇などで、
この地域では毎年、藻が大量発生している。毒はないものの、
悪臭が広がっているため、地元では藻を除去する作業を急いでいる。・・・」
引用:http://news24.jp/articles/2011/07/19/10186760.html
http://news24.jp/articles/2011/07/22/10187098.html





posted by tetsu3737 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。