2014年04月07日

わが国の福島原発からのトリチウム汚染水に係る医学的情報

'13-07-10投稿、'14-04-07修正・追加 

 福島汚染水除去設備(アルプス)ではトリチウム(三重水素)を減らすことができず、東電の資料によれば、福島第一に貯留している汚染水に含まれるトリチウムは、1リットルあたり500万ベクレルと考えていいという。
 福島第一原発の内規である保安規定で示されているトリチウムの年間放出量は22兆ベクレルとなっているので、今年の2月末時点で、タンクの容量は約1000基で49万トンあるのに対して、蓄積された汚染水は約45万トンになり、放出するには当初の見積もりでも半世紀以上かかるということでしたが、トラブル続きのアルプスの現況から先行きが全く不透明で終わりなき戦いであるようです。

 ATOMICA
トリチウムの生物影響 (09-02-02-20)によれば、
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-02-20
「将来のエネルギー源として計画が進められている核融合(炉)にかかわる環境・生物影響、とくにトリチウムの人体への影響が注目される。トリチウムはトリチウム水(HTO)の形で環境に放出され人体にはきわめて吸収されやすい。また、有機結合型トリチウム(OBT)はトリチウムとは異なった挙動をとることが知られている。動物実験で造血組織を中心に障害を生ずることが明らかにされ、ヒトが長期間摂取した重大事故も発生している。」という。
 ATOMICA
トリチウムの環境中での挙動 (09-01-03-08)によれば、
「トリチウムは水素の同位体で、最大エネルギー18.6keVで平均エネルギー5.7keVという非常に低いエネルギーのβ線を放出し物理的半減期は12年であり、地球環境中トリチウムの最大の発生源は、大気圏内核実験、特に1954年以降の水爆実験である。1963年の大気圏内核実験停止条約締結までに天然起源の200倍程度のトリチウムが放出された」という。


 福島原発の冷却汚染水中のトリチウムの医学的情報を調べました。
 トリチウムは思い起こせば、理科の教科書にも記載されている天然でも生成される放射能ですが、こんなときには、トリチウムの有害性をわかりやすく説明できる金銭的、精神的な利害関係から離れた外国人の専門家で、大所高所から「トリチウム水はどのように生成されてどのように放射能壊変して生態系にどのような甚大なる悪影響を与えていくのか?」を記載した情報の整理が必要と思われます。

 以下、カレイドスコープS at.2013.06.08
汚染水の海洋放出 ガンを誘発するトリチウム汚染の恐怖
を引用してトリチウム関連について一部抽出して調べました。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2140.html

「・・・世界的な核物理学者と、世界的な放射線医学の権威二人が、トリチウムに汚染された福島と日本の将来について警告しています。

元国連職員の松村昭雄氏が、この二人と連絡を取って、分かりやすくまとめた記事が同氏のブログにアップされています。

専門家が解説する「福島第一原発からの放射能汚染水が及ぼす影響」について
Experts Explain Effects of Radioactive Water at Fukushima
(AKIO MATSUMURA FINDING THE MISSING LINK 6月5日)

はじめに
松村昭雄

福島第一原発の放射能汚染水の漏出は、新たな問題となっています。

照射済み燃料は、間断なく冷やし続けなければなりませんが、その結果生じる高濃度の放射能汚染水を、永久的、持続的に処理するための工程については、東電は未だに考え出すことができていません。

東電は、(冷却することによって生じた)放射能汚染水から、大部分の放射能を除去する工程は有しているものの、トリチウム(これは非常に危険な発癌物質)のような放射性核種を除去することはできないまま、安全基準をはるかに超える規模で、そうした核種が集結しているのです。

東電は、法律で定められているレベルまでトリチウムを薄めてしまうために、太平洋に放射能汚染水を流し込んでしまいたいと考えています。

しかし、東電に懐疑的な地元の漁師たちは、この動きに反対しています。
その間にも、東電は汚染水タンクに汚染水を貯蔵しているのです。

それらのタンクから汚染水が漏れ出していますが、(麻痺してしまって)もう驚かなくなっています。(マーティン・ファクラーのNYタイムズの記事)

東電は、結局は汚染水タンクの収量を使い果たしてしまうであろうことを認めています。
汚染された冷却水の管理は、2011年以降、東電が直面している最も過酷で危険な問題なのです。
・・・中略

トリチウム汚染水が医学的に意味するところの9つのこと
ヘレン・カルディコット博士
ヘレン・マリー・カルディコット(1938年8月7日生まれ)博士は、オーストラリアの医師、著者、反核唱道者。

1977年には、ボストンのChildren'sHospital Medical Center のスタッフとなり、1977年から1978年までハーバード医科大学小児科にて教鞭をとる。

1977年から1986年の在米期間中(1961年に設立されたが実質1970年から1978年まで休止状態にあった)、Physicians for Social Responsibility(社会的責任を果たす医師団)を復活させ、1978年から1983年まで創立会長として、原子力の危険性について大衆や同僚を教育する事に専心する医師23,000人勧誘することに尽力した。

また、米国外においても、原子力、核兵器、核戦争の医学的危険性の教育に焦点を合わせた同様のグループを各国で設立した。

傘下組織であるInternational Physicians for the Prevention of Nuclear War(核戦争防止医師会議)は1985年にノーベル平和賞を授与。

カルディコット自身、1982年にAmerican HumanistAssociationからヒューマニスト・オブ・ジ・イヤー賞を授与された。

より詳しいことは→こちらへ。

1)放射能汚染水からトリチウムを分離する方法はありません。
トリチウム(エネルギーの低いβ線を放射しながらβ崩壊する)は、100年以上、放射性を持ったままの強力な発ガン物質です。

トリチウムは、(水に取り込まれると)藻類、海草、甲殻類、そして魚などの水生生物に集中して蓄積されます。

トリチウムは(他の核種と同様に)無味無臭で、目に見えないので、シーフードを含む食べ物の中に、今後何十年もの間、必然的に取り込まれてしまいます。

それは、DNA分子(つまり遺伝子)の中で結合します。
DNA分子の中では、後になってから、癌に結びつく変化が引き起こされる場合があります。

(トリチウムがDNA分子内で起こす変化は)脳腫瘍、赤ちゃんの先天性奇形、多くの臓器でのガンの原因となります。

この放射能汚染水を永久に封じ込めておく方法はなく、今後、50年以上の間、太平洋に漏出することは避けられないため、非常に恐ろしい事態が待っているのです。

あるいは、他の多くの放射性元素中でも、300年以上放射能を待ち続け、非常に危険な悪性の筋肉のガン(横紋筋肉腫)を引き起こす原因となるセシウム137、そして、300年間、放射能を出し続け、骨肉腫や白血病を引き起こすストロンチウム90を含む、他の多くの非常に危険な同位元素が、さらに長い年月をかけて太平洋に漏れ出ていくのです。

2)ほとんどのガンには放射線が影響していると考えられます。
福島や福島以外の多くの大地が汚染されてしまったので、茶、牛肉、ミルク、青菜、米などの食べ物は、今後、数百年にわたって放射能汚染されたままでしょう。

3)「除染」という言葉は、誤っています。
放射能に汚染された土壌、木材、葉っぱ、水から放射能を除去することはできませんし、できることといえば、別の敷地に移すだけです。

4)放射性廃棄物を燃やすことは、日本の汚染されていない地域を含む他の地域へ、ガンを誘発する原因を拡散することに他なりません。

5)ガンの発症までには長い潜伏期間があります。
それは、放射能に汚染された食物を食べ、汚染された空気を吸った後、2年から80年です。

6)IAEAは、(福島第一原発の原子炉を)廃炉にするまで、50~60年はかかるだろうと言っているし、何人かの人たちは、この困難な状況がクリアにされることはないし、取り除かれることもないと予想しています。

7)日本は、高線量の溶けた核燃料や燃料棒を、いったいどこに置くのでしょう。
地震で引き裂かれる日本列島に、この死の物質(アメリカ環境庁によれば、100万年の間、外気圏から隔離された状態に置いておく必要があるという)を保管できる安全な場所などありません。

8)これらの放射性元素は、絶え間なく水と海洋へ漏出したり、大気中に放出されるため、未来の世代へ向けて、必然的に、先天的奇形、癌、遺伝的欠陥の発生率が、時間の経過とともに増加していくことになるのです。

9)子供は、成人が受ける放射能による発ガン効果の10倍から20倍もの影響を受けます。(幼い女の子は、同じ幼い男の子の2倍の感受性があります)

さらに胎児は、成人の数千倍も放射能に対して感受性が強いのです。
特に、妊婦の腹部へのX線は、子供の白血病の発症率を2倍にすると見られています。

(記事はここまで)   後略   」という。

 最近では、福島県漁連 地下水バイパス計画を条件付き容認というが、・・・。、〈1〉地下水の排出基準の明確化〈2〉第三者機関による運用の監視〈3〉排出後の風評被害対策などどのようになっているのか着目することが必要か!
 参考情報:
YOMIURI ONLINE
地下水バイパス計画を条件付き容認…福島県漁連
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140325-OYT1T00398.htm?from=blisthttp://blog.goo.ne.jp/tetsu7191_002/e/726363f0fbde2f8b68efe668b2e73cc8

Oisix(おいしっくす)

  
posted by tetsu3737 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368804550

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。