2014年03月26日

漁協が福島原発の「地下水バイパス計画」による地下水放出を容認という。 納得できる検査や風評対策が今後の問題か?

 2013年8月には300トンの汚染水が漏洩して、一部海に流出したり、昨今3月19日夜、山側のタンクから極めて高濃度 汚染水100トンが漏れたり、汚染水浄化装置アルプスもうまく稼動されていない福島原発ですが、流入する地下水をくみ上げて海に放出するという。
 沿岸の海水中の放射能濃度などを測定する第三者機関の選択が問題となる以外に、地下水の枯渇まで汲み上げて排水する排水中のトリチウムなど放射性元素の総量および海底を含む深さ方向の元素濃度などどのようになっていくのだろうか?

参考情報:
福島原発 汚染水の現状、および、その対策および問題点 2014-02-25

47トピックス
漁協が地下水放出容認 検査や風評対策要望 福島原発の汚染水対策
http://www.47news.jp/47topics/

「東京電力福島第1原発事故の汚染水対策として、原子炉建屋に入る前の地下水をくみ上げ海に放出する「地下水バイパス」計画について、福島県北部の相馬双葉漁業協同組合(相馬市)は24日、相馬市内で会議を開き、実施を認める方針を決めた。県南部のいわき地区の漁協も同様に受け入れを決めており、県内の漁協の方針が一致した。
 県漁業協同組合連合会(県漁連)は25日に開く組合長会議で、国と東電に対し、海に流す水の検査や風評被害対策を求める要望書を出し、容認の考えを伝える。

 東電は県漁連からの要望を受け、地下水バイパスの具体的な手順づくりを急ぐ方針。これまで慎重姿勢を続けてきた漁協の容認で、大量の汚染水を減らす計画が前進することになるが、東電の対策はタンクからの汚染水漏れなどトラブルが続いており、予定通り進むかは不透明だ。

 相馬双葉漁協の 佐藤弘行 (さとう・ひろゆき) 組合長は24日、記者団の取材に「東電と国が排水をモニタリングし、風評被害対策に取り組んでほしい」と述べ「条件付き容認」と説明。実施に踏み切った後も、安全性を継続的にチェックする必要があるとの考えを示した。

 福島県沖では原発事故を受け本格的な漁は自粛しているが、魚種と海域を絞った試験操業が続いている。東電と国は、地下水バイパスを行うため、漁業者に説明を続けているが、反発が強く実施できていない。

 東電は2月、排水に含まれる放射性物質について、トリチウム濃度を法令基準(1リットル当たり6万ベクレル)の40分の1の1500ベクレルとするなど、これまでよりも厳格な基準を新たに設定し、県漁連に理解を求めてきた。

 東電は24日「引き続き理解が得られるよう努めたい」とのコメントを発表した。
(共同通信)
2014/03/25 18:55 」という。


漁協が地下水放出容認 検査や風評対策要望 福島原発の汚染水対策
【03)47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)】
もっと知りたい ニュースの「言葉」汚染水(2011年9月25日)
3月11日の東日本大震災に伴う福島第1原発事故で、原子炉へ注入した水が漏れるなどし、建屋や立て坑にたまった放射性物質を含む水。4〜5月に高濃度汚染水の海への流出が2回見つかったほか、移送先確保のため比較的低濃度を1回、意図的に放出した。電力中央研究所の津旨大輔(つむね・だいすけ)上席研究員らは、これまでに海に流出した汚染水中のセシウム137の総量は3500テラベクレル(テラは1兆)に上ると推計。この数値は過去の大気圏核実験で海に降下した総量よりは少ない。ただ原発周辺の海で検出された最高濃度は1リ...
地下水(2011年3月31日)雨水などが、地中の土砂や岩石の隙間などにたまった水。ミネラルウオーターなど清涼飲料水の原料になる。飲料の原料のほか、生活用水や工業、農業用などにも使われ、重要な水資源となっている。日本では大半が地表から約5〜20メートルに水脈がある。100メートルより深い場合もあり、雨水が地層を通って地下水になるまでには数年以上かかる。
posted by tetsu3737 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能汚染関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。