2012年04月13日

水耕栽培における水の汚染と対策について

「水」は農業用、工業用、水産業用、飲料用などの分野に
使われています。
 インターネット検索で食糧・エネルギー・資源の自給、
 環境・健康の改善に、
「水」が係る記事を紹介して、
「水の有効利用」を提案していきたいと思いますのでよろしく願います。
アフィリエイトならリンクシェア
 

 別報で「生態系の異変と水の汚染との繋がりについて」
記載したように、
「・・・東日本大震災の津波によって、セシウム、ヨウ素ストロンチウム
以外の多核種からなる放射能のみならず、海に流出した
特定化学物質など
有害物質の影響も気になるところです。・・・」
 
 水の汚染による弊害である
放射能に汚染した食糧摂取による
「内部被曝」後遺症については因果関係が判明して、
その安全性を確認するのに時間がかかります。

 このような状態で期待することは、
汚染の少ない環境で農作物が生産されることです。

 作物栽培に一般的には
土壌は必要不可欠なものですが、
放射能に汚染されている場合、その土地では
安心して生産できません。

 水耕栽培の魅力は地震・津波などによって影響されずに、
放射能とか有害物質が
環境中に漏洩しても問題なく、安定した食糧を供給できます。

 現状、放射能で汚染した海ですが、
将来、海を制御管理して、
排他的経済水域を活用する水耕栽培にも期待しています。

 今回は環境異変時に強い水耕栽培における水の汚染と
その対策について記載しました。

「水耕栽培の長所・短所」
引用:http://www.kiyohito.jp/index_suikousaibai.html
<水耕栽培野菜の長所>
◆天候に左右されずに収穫が可能。
◆栄養価が高い植物野菜生産ができる。
◆農薬を一切使用しない安全植物野菜である。
◆製造工程に於ける蓄積データ管理のもと
 画一したモノづくりが可能。
クリーンルーム内で製造するため雑菌汚染が少ない。
◆24時間生産稼働が可能で短期間(40日間)にて収穫ができる。
◆包装方法の改良と雑菌汚染が少ないため
保存期間が従来品より長い。
◆場所を選ばない。市街地ビルや郊外倉庫、山間部でも製造が可能。 ◆新規産業として、新規雇用が見込める。
<水耕栽培野菜の短所>
◆電力使用が現状大きい。
水耕栽培は培養液を通じて栽培生産するため、
一端、病原菌が発生すると まん延する欠点があり、
管理と保守点検の励行と常時システム装置の殺菌や培養液の使用管理

徹底する必要があります。(製造コスト高に結びつく
◆市場変動相場で価格が決まるため一定販売価格である。
◆初期投資金額が大きく、ノウハウビジネスであるため投資回収が少し永い。
◆市場を通さないため流通販売先の開拓が必要である。

【HP】4530s 17インチ大画面ノートPCが4万円台
花くらす*野菜くらす

すかいらーく通販ストア

ファミマ.com

日本直販の健康食品

チケットぴあ
posted by tetsu3737 at 13:44| Comment(0) | 食糧自給関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。