2014年04月01日

大半が廃棄物として捨てられている「おから」を有効に活用して、低コストで安全な水質浄化システムができると期待という。

 既報放射能以外による水質汚染を調べました。の引例によれば、
未来をつくるテクノロジー
限りある資源の水
http://www.gwarming.com/link/water.html
「・・・海や川の汚れの原因と言えば、ほとんどの人が、工場や事業場の排水を思い浮かべますが、法律などの規制により、今ではその水質も大変良くなっています。

現在は、人口の増加や生活水準の向上により、私たちが炊事、洗濯など、毎日の生活の中で出す生活廃水が増加、この生活廃水が川や海を汚している大きな原因となっています。水質汚染の原因は、私たちの生活に原因があるのです。しかしながら、私たち自身は、水質汚染に対して、理解している人は少ないのが現状です。・・・」という。
 
「おから」で水質浄化とは面白い着想です。

読売新聞
「おから」で水質浄化…近大教授ら大和川で実証
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20140329-OYT1T00285.html
「大豆から豆腐などを作った後に残るかす(おから)を使って、汚れた水をきれいにする技術を開発したと、近畿大の川崎直人(なおひと)教授(46)らが28日、熊本市で開催中の日本薬学会で発表した。

 大半が廃棄物として捨てられている「おから」を有効に活用して、低コストで安全な水質浄化システムができると期待される。

 河川に生活排水が流れ込んで窒素やリンの濃度が高まると、藻類やプランクトンが異常増殖して悪臭を放ち、海で赤潮が発生する原因にもなる。近年、水質浄化剤としてコーヒー豆から作った製品が開発されるなど、自然の産物を使った手法が環境への負荷も少ないと注目されている。

 おからは国内で年に約146万トン生み出されるが、食品として再利用されるのはわずかなため、川崎教授らは水質浄化に生かせないか、研究を始めた。おからに化合物を加えて600度の電気炉で炭化させ化学反応が起こりやすい構造に加工。窒素を含む水に混ぜると、おからの表面に窒素が貼り付いて取り除かれた。
2014年03月29日 18時00分」という。

 一般的な窒素を含む水の浄化方法について不詳ですが、自然の産物を使った手法が環境への負荷も少ないと思われます。

 
posted by tetsu3737 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

水の汚染による諸悪について

2014-03-31 追加・修正

「水」は農業用、工業用、水産業用、飲料用などの分野に
使われています。
 インターネット検索で食糧・エネルギー・資源の自給、環境・健康の改善に、
「水」が係る記事を紹介して、
「水の有効利用」を提案していきたいと思いますのでよろしく願います。
 

 昨年は未曾有の大震災、放射能漏洩による汚染によって
数々の被害を被り、今なお収束・復旧の目処は立っていません。

 また、大陸からの黄砂、大気汚染粒子は年々ひどくなって、海、河川、湖沼の水を汚染していくと思われます。

今後、「水の浄化」「水の有効利用」「水とはどのようなものか?」
について
アラカルト的なユニークな記載を投稿できればと改めて思っています。

「きれいな水」は貴重な資源としてグローバルに着目されています。

 一方、原発の放射能汚染水の浄化の経緯をみても明らかなように、
度重なる漏洩が繰り返されて環境を汚染しています。
 従来から問題になっている重金属、特定化学物質などによる
汚染に加えて
未曾有な「複合汚染」
効率的(効果/費用)に浄化する技術は
今後、必要不可欠と思われます。

<世界の水(淡水)の総使用量の内訳> 
国土交通省、水資源局、水資源部のデータ(2006) 、
「世界の水問題と日本」によれば、
<世界と日本の水使用量> 
 約3500億m3(1995)であり、
 そのうち日本での使用量は約831億m3

 水の汚染による諸悪の例として、
・河川、地下水の汚染による安全な飲料水、生活用水の減少
・海からの安全な資源(魚介類、海藻)の減少
・陸からの安全な資源(米、野菜)の減少

 直近の消費税率も加わり、高騰する消費者物価によって生計を圧迫しています。
 世界水の日に因んだ「地球の淡水ごくわずか」の記事において
「安全な飲料水」は0.01%に過ぎないという。
危機的な情報はグローバルな見地からは現実のようです。
 これからは「金を湯水のように使う」という潤沢な水に喩えた言葉は
死語になりかねないと想われます。
 食料自給率が低く、食料輸入という形で、
大量の仮想水を輸入している日本にとって、
現状のグローバルな食糧バランスが崩れた場合には、
警戒しなければならないと思われます。

その他、
 大気中の雲、雨などの水分に含まれる
放射能など有害な微粒子からなるエアロゾル広域拡散によって、生態系への悪影響も言われています。
関連情報:
日本海学講座2008年2月2日
第4回 「日本海を越える大気汚染と黄砂」
本文詳しく見る>>

参考情報:
・全国の放射能濃度一覧
・水道の放射能濃度一覧
・雨の放射能濃度一覧
 http://atmc.jp/water/

これからはきれいな水に注目しましょう。

posted by tetsu3737 at 13:45| Comment(0) | ブログ概要 | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

福島第1ALPSでまた処理停止 試運転の1系統、水に白濁という。

 福島第一原発の汚染水浄化は故障続きで相変わらず軌道に乗っていないようです。過去これまでに海に流出した汚染水中のセシウム137の総量は3500テラベクレル(テラは1兆)に上るとというが、重金属汚染と比べてどの程度の影響を与えるのだろうか?と思っていますが、肝心の浄化装置の水が白濁しているという。トリチウムが除去できないばかりか、この先思いやられます。
47トピックス
 福島第1ALPSでまた処理停止 試運転の1系統、水に白濁
http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032701001748.html
「東京電力は27日、福島第1原発の汚染水処理設備「多核種除去設備(ALPS)」で試運転中の2系統のうち1系統で、水が白く濁っていることが分かり、処理を停止したと発表した。東電が水に含まれる放射性物質濃度や原因を調べている。

 東電によると、27日午前10時半ごろ、処理中の水をサンプル調査したところ、1系統で白く濁っているのが見つかった。18日に別の1系統で汚染水が浄化できていない異常が発覚した際も水が白く濁ったが、今回はわずかに濁った程度という。

2014/03/27 20:56 【共同通信】」という。

漁協が福島原発の「地下水バイパス計画」による地下水放出を容認という。 納得できる検査や風評対策が今後の問題か?というが、東電不信を深める漁業者の声もあるという。

 河北新報
福島県漁連 バイパス容認苦渋の決断 汚染水減量未知数 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140326_63024.html
「福島第1原発の汚染水問題で、福島県漁連が25日、地下水バイパス計画にゴーサインを出した。風評被害のリスク拡大と汚染水の増加をてんびんに掛けた末の苦渋の決断。汚染水減量効果は未知数で、浜は新たな火種を抱えることになった。

 「漁に出られるのはうれしいが、地下水バイパスは迷惑だ。新たな問題が起きないか不安だ」
 いわき市四倉の漁業佐藤芳紀さん(55)は25日朝、4年ぶりのコウナゴ漁で約170キロを水揚げしたが表情は晴れない。
 昨年7月、汚染水の海洋流出が発覚し、9月に予定していたいわき市沖のシラス漁は中止に追い込まれた。市内の海水浴客も激減した。
 東電は汚染水流出を否定し続けた末、参院選終了直後に海洋流出を認めた。「東電は信用できない」と佐藤さんは語気を強める。
 25日の県漁連組合長会議で、いわき市漁協の矢吹正一組合長は「風評被害で漁業者は命取りになるかもしれない。なぜ大臣が来ないのか」とかみついた。
 東電不信を深める漁業者にとって、国が頼みの綱だ。安倍晋三首相は「国が前面に出る」と言いながら漁協への説明を東電や官僚に任せてきた。矢吹組合長の怒りが漁業者の思いを代弁していた。
 国の試算では原発建屋地下に流れ込む1日400トンの地下水のうち、バイパス計画で減らせるのは10~110トンと幅がある。減量効果がほとんどないまま海洋放出が続く可能性も否定できない。
 地上タンクからの汚染水漏れや汚染水処理工程のトラブルで、漁業者の不安は増幅されている。県漁連が突き付けた排出基準の順守など5項目の要求は守られるのか。東電、国の対応を見詰める浜の視線は厳しい。」という。


posted by tetsu3737 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の汚染関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。